【リョナレビュー】イース セルセタの樹海

レビュー

家庭用ゲーム『イース セルセタの樹海』のリョナレビューです。

【追記】
レビューの見直しを行い、内容を一部修正しました。

はじめに(注意事項)

  • 当レビューの評価対象は、リョナに関わる要素のみとなります。
    当レビューは作品そのものの出来の良さや面白さを評価するものではありません。
  • 最終ボスや隠し要素等、作品のネタバレが含まれている場合があります。
  • 特に断りのない限り、Windows(Steam)版のレビューとなります。
    他のプラットフォームや現在の最新バージョンでは、仕様が異なる場合があります。
  • ボイスが多言語に対応している場合も、日本語ボイスのみレビューの対象としています。

レビュー

作品情報

  • タイトル:イース セルセタの樹海(Ys: Memories of Celceta)
  • ジャンル:アクションRPG

PSVitaで発売された同作品のリメイク版です。
全6人のプレイアブルキャラクターから3人パーティを自由に組んで冒険できます。
(6人のうち、女性キャラクターは3人です。)

発売当初は日本語ボイスが未実装だったらしいですが、現在は実装されています。

プレイアブルキャラクター

クリックで拡大
  • カーナ(CV:石原夏織)
  • カンリリカ(CV:小倉唯)
  • フリーダ(CV:甲斐田裕子)

※PS4版の公式サイトのキャラクター紹介では、この3人の他に『リーザ』というキャラクターも同列に扱われていますが、リーザはプレイアブルキャラクターではありません
(ストーリー途中で一時的に同行することはありますが、操作はできません。)

寸評

グラフィック面

グラフィック
クリックで拡大
  • 元がPSVitaの作品だからか、3Dモデルは若干荒い
  • 衣装変更不可

見た目の好みは、カーナ≧カンリリカ>フリーダの順。
全員スカートじゃないのが惜しい。

モーション
  • ダウン時は仰向けに倒れる
    • ダウン後は自動ですぐに起き上がる
  • 戦闘不能時はうつ伏せに倒れる
    • 地上と水中でモーションが異なる
    • 戦闘不能後はキャラクターがすぐに消えてしまう
  • 状態異常に掛かると3Dモデルの色合いが変化
    • 凍結も同様に色が変わるだけなので、あまり凍結しているようには見えない

ダウン時も戦闘不能時も、倒れている姿をあまり眺めていられないのが少し残念。

表情変化
クリックで拡大
  • 3Dモデル
    • ダメージ時の表情変化あり(目を閉じる)
  • 顔グラフィック(UI)
    • ダメージ時の点滅、表情変化無し

ボイス面

ダメージボイス
  • 小ダメージ(仰け反り):3種
    • カーナ、カンリリカは台詞1種あり
  • 大ダメージ(ダウン):3種
    • うち2種は小ダメージボイスと同一
  • 戦闘不能:2種(全て台詞)
    • カンリリカのみ1種しかない模様
  • 状態異常時の専用ボイスあり(全て台詞)
  • 瀕死時の専用ボイスあり(全て台詞)
    • 息切れボイスは無し

ダメージボイスの種類は少なめだが、質はそこそこ。
カンリリカのダメージボイスの『痛た』があまり痛そうに聴こえないのが残念。

ボイスの聴きやすさ
  • BGM、SE、ボイスの音量を個別に調整可能
  • 戦闘ボイス発声中は別の戦闘ボイスが出ない(例外あり)
    • 連続でダメージを受けてもダメージボイスを一度しか聴けないことも
  • 麻痺状態(状態異常)だと頻繁に仰け反りが発生し、小ダメージボイスを沢山聴ける

カメラワーク(視認性)

  • カメラの移動、回転不可
  • ズームは可能だが、あまり寄せられない
  • 斜め上からの視点で固定されるので表情が見えにくい

シチュエーション

フルボッコ度
  • 無敵時間無し
  • 敵がまばらに配置されており、集敵しにくい
  • 敵によってはダウン中でも追撃してくる

一部のイベント戦闘では多数の敵が同時に出現するため、袋叩きにされやすい。
クリアすると再戦できないのが難。

特殊攻撃
  • 蛙型や虫型の敵に舌で引き寄せられる
  • 蛙型のボスに丸呑みされる
  • 鳥型(ハーピー)のボスに掴まれ、空高くから落とされる
  • 等々

敵の種類は多いが、特殊攻撃はあまり多くない印象。

個人的お気に入りスポット
  • 灰の森:瘴気ギミック
    • 瘴気に触れると極小ダメージで仰け反る(回避中だとダウンする)
    • 位置をうまく調整すれば、抜け出せずに連続ヒットする
    • ギミックを解除してしまうと復活しない
  • 導きの塔:ヴィヴウィグ(ミミック)
    • スタート地点近くの壁を登った先に4体同時出現
    • 多段打ち上げ攻撃でお手玉されやすい
    • 麻痺も付与されるのでダメージボイスを沢山聴ける
    • 四隅の柱が邪魔でキャラクターが見えなくなることが多々あるのが難
  • イリス・黄金の間:ネル・プレラ(亜人)
    • イベント戦闘で5体同時出現
    • 不幸を除く全ての状態異常(6種)を同時に付与される
    • クリアすると再戦できない

その他仕様

  • ボス戦や一部のイベント中を除き、どこでもセーブ可能
  • 戦闘参加メンバー(パーティ)は3人固定
    • フリーダ加入まで進めれば、女性キャラクターのみでパーティを組めるようになる
      • 男主人公(アドル)も仲間が増えれば外せる
    • 自操作以外の2人はAI操作
      • AI操作中は戦闘不能にならない(HP1未満にならない)

パーティは3人固定だが、他の2人を戦闘不能にさせることで実質ソロパーティも可能。
ただ、石碑(ワープポイント)に触れると味方が全回復(復活)してしまうため、準備が若干手間。

総評

グラフィック★★☆☆☆(2/5点)
モーション/表情★★★☆☆(3/5点)
ダメージボイス★★★★☆(4/5点)
ボイスの聴きやすさ★★★★☆(4/5点)
カメラワーク(視認性)★☆☆☆☆(1/5点)
フルボッコ度★★★★☆(4/5点)
特殊攻撃(シチュエーション)★★☆☆☆(2/5点)

とにかくカメラ周りが致命的ですが、そこさえ許容できれば良い作品だと思います。

もしプレイされる場合、瘴気ギミックやイベント戦闘等、後からやり直せない要素が多いため、セーブデータをこまめに分けて進めることをおすすめします。

自作リョナ動画

以下のページにて公開しています。

【リョナ動画】イース セルセタの樹海 - カーナ
家庭用ゲーム『イース セルセタの樹海』より、『カーナ』の自作リョナ動画です。
【リョナ動画】イース セルセタの樹海 - カンリリカ
家庭用ゲーム『イース セルセタの樹海』より、『カンリリカ』の自作リョナ動画です。
【リョナ動画】イース セルセタの樹海 - フリーダ
家庭用ゲーム『イース セルセタの樹海』より、『フリーダ』の自作リョナ動画です。

評価項目について

以下の7項目に分け、それぞれ5段階で評価しています。

※まだ手探り状態のため、将来的に評価基準の見直しを行う可能性があります。

グラフィック

グラフィックの品質、キャラクターデザイン等を評価。

  • キャラクターのイラストや3Dモデルの品質(画質)が良いか
  • キャラクターの見た目や性格が自分好みか
  • 見た目のカスタマイズ(着せ替え)要素があるか
  • 等々

モーション/表情

ダメージ時のモーション、表情変化等を評価。

  • 戦闘不能時にちゃんと倒れるか、また倒れている姿を眺められるか
  • 状態異常時や瀕死時の専用モーション(息切れ等)があるか
  • ダメージ時に表情変化するか、また顔グラフィック(UI)が点滅するか
  • 等々

ダメージボイス

ダメージボイスの多彩さ、質の良さ等を評価。
ボイスの好みは特に個人差が大きい部分だと思うので、あまり参考にならないかも。

  • ダメージボイスの質が良い(自分好み)か、また台詞系のボイスが無い(少ない)か
  • 仰け反りやダウン等、ダメージの程度によってダメージボイスが変化するか
  • 状態異常時や瀕死時の専用ボイス(息切れ等)があるか
  • 等々

ボイスの聴きやすさ

通常のプレイ方法でダメージボイス等を聴きやすい仕様かどうかを評価。
なお、ボイスを自由に聴けるサウンドモードの有無は、この評価に影響しません。

  • 音量設定でBGM、SE、ボイスの音量を個別に調整できるか
  • 敵の攻撃ボイス等がうるさくないか(ミュートできるか)
  • 他のボイスや演出等でダメージボイスが阻害されないか
  • 等々

カメラワーク(視認性)

カメラ操作の自由度、キャラクターの視認性等を評価。

  • カメラを自由に操作できるか、またズームできるか
  • 敵そのものや敵の攻撃エフェクト等により、キャラクターが見えにくくならないか
  • ズーム時にキャラクターがステルス化しないか、また表情や足元が映らなくならないか
  • 等々

フルボッコ度

敵の攻撃の激しさ、袋叩きにされる状況の作りやすさ等を評価。

  • ダメージ時およびダウン時の無敵時間が無い(短い)か
  • 一対多の状況を作りやすいか(集敵が容易か)
  • 敵の攻撃頻度が高いか、またダウン中に追撃してくるか
  • 等々

特殊攻撃(シチュエーション)

敵やステージの種類、特殊攻撃やギミックの多彩さ等を評価。

  • 捕縛攻撃、トラップ等の特殊攻撃(ギミック)が存在するか
  • 特殊攻撃の演出が秀逸か
  • 敵やステージの種類が豊富か(ボリュームがあるか)
  • 等々